【書評】なぜあなたの仕事は終わらないのか?

こんばんわ。今夜紹介するのはこの本です。

[中島聡]のなぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01GPCKJWK/ref=as_li_tl?ie=UTF8&tag=tera0711-22&camp=247&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B01GPCKJWK&linkId=3717d256684681661b911ff97cec7a6d

Kindle Unlimitedの対象にもなっています。

この方は本の帯にもあるとおりマイクロソフト勤務時代にWindows 95、Windows 98、Internet Explorer 3.0/4.0のチーフアーキテクトを務めた方です。

現在もエンジニアとして第一線で活躍されており、私も下記のメルマガを登録して毎週テクノロジーの情報をいただいております。

https://www.mag2.com/m/0001323030.html

 

私がこの本を選んだ理由:

仕事が多すぎてプライベートの時間がない。自分の自由な時間、家族との貴重な時間をもっと作りたい。

そのためには今の生活の大半を占めている仕事を早く終わらせるしかありません。(睡眠時間を削るという策も思いつく方もいるかもしれませんが、長い目で見るとそれはお勧めできません。。)

では、やはりどうやって効率的に仕事をこなしてプライベートの時間を作ることができるのかを考えるのが自然です。

一緒にその方法を忙しいはずの伝説のベテランエンジニアから学びましょう。

 

目次:

1 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか
2 時間を制する者は、世界を制す
3 「ロケットスタート時間術」はこうして生み出された
4 今すぐ実践 ロケットスタート時間術
5 ロケットスタート時間術を自分のものにする
6 時間を制する者は、人生を制す

 

この本から得られる仕事に役立つポイント:

①ギリギリになって行動しないこと。たとえ不十分だと感じても誰よりも早い草案の提出を行う。

②安請け合いしないこと。

③顧客との打ち合わせや商談前30分前にはゆっくりコーヒーでも飲む余裕を持って行動する。

④期日を守る。実はこれ、社会人の1%もできないこと。重要なポイントはスタートダッシュ。

例;もし期日が10日後なら2日で終わらせる。この間は電話もメールも特定の時間を除いて無視する、睡眠も仮眠程度で乗り切る。

 

本から得た知識で明日から仕事に活かせるアクションプラン:

①朝5時から仕事をスタートしてみる。朝は集中力全開、且つ誰もいないオフィスは邪魔が入らない。

②スタートダッシュで午前中はメールも電話も見ない。個人の個室が使えたり、ヘッドフォンがつかえるなら使う。

③新しい仕事を引き受けたら、次の日は草案(DRAFT)を出す。そして期日の1/5で80%完了を期日に自分の中で再設定する。

 

仕事には終わりがないので、期日通りに終わらせると考えて仕事をすると、

必ず周りから他の仕事が入ってきて、期日通り終わらないというのが社会人なら誰しも体験することですよね。

学生時代の自分のスケジュールで動けていた時が懐かしくも羨ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です