西村博之氏(ひろゆき)愛読書2選&おすすめ本3選

こんにちわ。
読書を習慣化して2-3年程ですが、常に3日に1冊のペースで読み続けられています。
そんな習慣ができてからは仕事で苦労しなくなりました。
おそらく視野が広がり、世の中や仕事を俯瞰して見れるようになったことが原因だと思います。
その最強習慣を身につけられたのも、自分が好きな著名人が勧める本を読み漁ったからです。
おすすめ本は色々な方が紹介していますが、 皆さんにも誰もが知る著名人が勧めた本を読んでいただきたく、この記事を書いています。
今回はYOUTUBEの切り抜きや、著書で有名な、2ちゃんねる創設者のひろゆきさんです。
彼が勧める愛読書とは一体どんな本なんでしょうか。
それでは、一つずつ詳細を見ていきましょう。
僕はおすすめの本を聞かれると、この本を迷わずあげる。
この本は“ヨーロッパやアメリカの白人が世界を席巻したのはなぜなのか?”
という問いに証拠を交えながら答えを出していく。
結論を書くと、
ヨーロッパからアジアに続くユーラシア大陸が
東西に長かったからヨーロッパの人が覇権をとった”となる。
その結論から僕が導き出した答えは、
人類の努力は、ほぼ無意味だ”ということだ。
いくら人間が頑張っても、大陸の形を変えることはできない。

僕の生き方もそういう結論から逆算するようにしている。

ブログ運営者の一言

ただ今読書中です。少々お待ちください。

コンテナ物語

ひろゆきさんの一言

わたしは次の5つの条件を満たすのが良書だと思います。
・今後10年以上も影響を与える”技術”や”文化”をテーマとしている
・結論に至る”経緯と理由”に筋が通っている
・”資料”から組み立てられていて、個人の感想を書いているわけではない
・一般的な”常識”とは違う結論や発見がある
・単純に読んでいて”おもしろい”
こんな本にはなかなか出会わないのですがね。
でもそれを満たす本として、この”コンテナ物語”が非常に面白かったです。
この本は単純に見える結論を導いています。
でもそんな本が本当に役立つので、おすすめです。

ブログ運営者の一言

ただ今読書中です。少々お待ちください。

ひろゆき おすすめ本3選

無敵の思考

ブログ運営者の一言

ただ今読書中です。少々お待ちください。

1%の努力

ブログ運営者の一言

この本の帯にある通り、ひろゆきさんの著書の中でも圧倒的に売れているようです。

ただ個人的には売れている割には他のひろゆきさんの著書の方が中身が濃く感じました。

例えば巻末に“ひろゆきの全思考まとめ”というものが載っています。おそらくこれを見れば、相当なひろゆきマニアでもなければ中身は流し見で十分かと思います。
・作業でスケジュールを埋めないこと。(余白を持つこと)
・努力よりも条件やひらめきで勝つ。
・プロセスよりも結果なので、常に結論から逆算する思考を持って行動する。
などなど、ひろゆきさんが解説してくれています。
個人的にはこのベストセラー本よりも下記の“なまけもの時間術”の方がおすすめです。

なまけもの時間術

ブログ運営者の一言

できるだけ楽に楽しく生きるにはどうしたらいいのか。
がひろゆきさんのいつもの口調で書いてくれています。
楽にする=ズルをする。ダラダラする。というネガティブなものではなく、
皆平等にある“時間”をいかに効率的に、成果を上げるかというふうに、
ポジティブに書かれていますので、ご安心ください。笑
私がこのひろゆきさんの本で最も心に残ったのは
“実は仕事に行き詰まったら、遊んでしまって、その余力で仕事をした方が上手くいく”
というところです。
一見すると、“えっ?サボれってこと?”とおもいました。
ただそこはひろゆきさん。論破の動画を何個も見ましたが、
この本では自分が論破されました。笑
気になる理由や本意はぜひ本を読んで確認してみてください。

本日は以上です。 次回も引き続き、有名な著名人の推薦本を紹介していきます。

ちなみに、、、私のように時間があれば、毎日読書できると思いますが、なかなか忙しくて読書できない人も多いはずです。。。

そんな方にこのブログがおすすめするのはオーディオブックです。

これで通勤時間、昼食中、夕食中、いつでも隙間時間を使って、ながら聴きができます。

あなたの隙間時間を無駄にするのはもったいないですよ! 今なら下記のオーディオブックプレゼントキャンペーン実施中。

しかも!!今なら聴き放題プランも、30日無料体験期間中。 下記にバナーを出しておきましたので、ぜひこの機会に試してみてください。

一緒に著名人が勧める本を読んで、皆でレベルアップしていきましょう!!   

漫画ならこちらがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です