サラタメ著「シンサラリーマン」レビュー&要約

この本から学べること

Question:これからのサラリーマンとして大事なことは?

Answer:本業と副業の2刀流で、本業は短時間でスパッと効率的に片付け、副業はじっくり育てていく。そしてそこで得たお金にはどんどん働いてもらう。

 

この本から得たポイント

①リーマン力で自分の自由な時間を作る

②報連相は結論・理由・具体例・まとめ

③仕事を振られたらゴール確認→方向性確認から始めること

④サラリーマンと副業は非常に相性がいい。お金も余裕があり、且つ計画から実行が身軽(自分だけですぐに動ける)。

⑤副業には時間を割くことは必須。週に25時間は取るべき。平日3時間*5日+休日5時間*2日

⑥副業でのステップはただの物知り→営業マン→インフルエンサー

⑦物知りのステップではひたすら有益な情報をアウトプットしよう。内容は過去に自分が知りたかったもので良い。過去の自分を助ける気持ちでOK。

 

この本の2W1H

WHY:なぜただのサラリーマンではダメなのか?

・先輩たちをみても楽しそう・余裕があるように見えないから

・サラリーマンは実力よりも年功序列+好かれるかどうか

・もっと刺激的なことをやってみたい

WHAT:これから何を始めたいか?

・このブログをもっと頻繁に更新する

・“1日:本を読み、1日:ノートにまとめ、1日:ブログに書く“の3日で1冊のルーティンを作る。

・Twitterで呟く

HOW:どうしたらもっと余裕のある生活ができるのか?

・朝早くからスタートダッシュをかける。仕事は早く終わらせ、夜は副業へ

・趣味のゲームはRPG等の腰を据えるものではなく、ビルド&パズルのような手軽に始め・終わらせるものにする。

・仕事は時間よりも効率と息抜きを意識して行う。

 

 

もしよかったら皆さんも実際に手にとって読んでみてください。社会人もれなく必読書の本だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。