孫の二乗の法則(重要ポイントの抜粋)

著者:

板垣英憲

 

ポイント:

・孫は新しい事業に挑むときや苦難にぶつかったときにこの25文字を頭に浮かべていた。

・孫が20代中盤の頃に自ら開発した経営指針

・兵法書”孫子”からピックアップした言葉に、孫が独自に考え出したオリジナルの言葉を組み合わせた25文字の文字盤で著されている。

・ランチェスターの法則+孫子の兵法+孫正義の経営実践&哲学=孫の二乗の法則

・この法則を説明した”ソフトバンクアカデミア開校式”での講義はインターネットで見れる。

・孫正義は決められないことまで無理に決めようとはしなかった。将来のことは大体の方針を決めておけばよい。

・いかに優秀な人でも一人では何もできない。大きなことを成すためには、志を共にする協力者がどうしても必要だ。

・成功のためには行き当たりばったりで、まぐれ当たりで得た果実というのは続かない。単なるそのときの根性というだけで得たものは続かない。

・仕組みをつくって、システムをつくって、法則をつくってという形でいかないと、大きな組織づくりというのはできない。継続して、勝つ仕組みはできない。

・コミットメントは努力目標ではない。命をかけて実現しなければならないほど厳しいものである。

・死ぬほど情報を集めて、死ぬほど考え抜いて、死ぬほど選択肢を出して、あらゆる選択肢を網羅して、そのうえで九九・九九%削ぎ落として、絞り込む。これもあれも、みんなやるというのは戦略ではない。

・さりとて、「九割の勝算」まで、グズグズして待っていると、ライバルに先を越され、後塵を拝することになってしまう。

・だから「七割の勝算」を確信できたとき、勝負に出るべきだというのである。まとめていえば、リスクを取ることは大切だが、「三割以上のリスクは冒さない」ということだ

・圧倒的ナンバーワンになれるという自信のある分野にしか、そもそも手をつけない。圧倒的ナンバーワンになるという戦略が見えた、その分野だけに手をつける。

・その代わり、「自分がやれると、やれるはずだと思える分野では、絶対一番になると決めて。決めたら、とことんやり抜く。勝ち癖をつける、勝ちにこだわる、一番にこだわる、圧倒的ナンバーワンにこだわる。自分を追い込む。腹をくくる。

・退却するには十倍の勇気がいる」と言い、その難しさを認めながら、家庭を崩壊させず、会社を滅ぼさず、国を滅ぼさないために、ピンチに立ったときに「退却の勇気」を発揮する必要性を力説している。

・孫正義は二宮尊徳、織田信長、坂本龍馬、渋沢栄一の四人を尊敬していた。

・発明は自動化(自動的に生み出すようにプログラム化)する。

・交渉の達人である孫正義の5つの極意

①自分自身を100%説得する

②相手に対して尽くしてあげたいと本当に自分が心底から思う。

③思わず惹きつけられる殺し文句を、タイミングよく情熱を持って相手にはく。

④外国人を相手に英語で喧嘩できるくらいのコミュニケーション能力を持つ

⑤粘っこくしつこく、相手が落ちるまで諦めずに口説き続ける。

 

この本の購入はこちらからできます(Amazonリンク):

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。